HOME>オススメ情報>現在の日本企業に求められているツールやシステム

目標について

会議

タレントマネジメントとは、働く従業員の持っている能力を、それぞれ最大限に生かせるような仕事に配置するマネジメントのことを指します。タレントマネジメントの最終目的は、リーダーを育成すること。企業にとって、優秀なリーダーは重要です。早期からその教育を行うことで、将来は有望な経営者として実力発揮する人材を育てていきます。年功序列が基本の日本でしたが、最近では海外企業に習い、実力主義の企業が増えてきました。また、個人を尊重する考えも広まってきており、そのような背景からも、タレントマネジメントシステムが注目されてきており、導入する企業も増えてきています。

効率よく導入するために

会議

タレントマネジメントを的確に進めていくためには、導入者同士で情報の共有をしっかり行うことです。優れた人材がいても、その情報をすべて共有し論議していかなければ意味がありません。例えば、その人の給与や待遇状態だけを見るのではなく、各部署での働きぶりや人間性なども評価しなければならないということです。そのため、誰でも閲覧出来る情報共有システムが搭載されたマネジメントツールなどを使用するのがおすすめです。

失敗を防ぐためにすること

会議

タレントマネジメントの失敗を防ぐためには、経営と人事、二つの面を照らし合わせながら運営していくことが大切です。適切なタレントマネジメントが成功しても、経営戦略的に衰退し企業自体が傾いては意味がありません。タレントマネジメントを導入して満足するのではなく、的確な計画と検証を繰り返して修正を図っていくことが重要です。実際に配置したあとも、効率よく能力を発揮できているかチェックするという工程も忘れず行うようにしましょう。

広告募集中